外壁塗装の悪徳業者を見抜く方法

外壁塗装契約時の注意事項

外壁塗装契約時の注意事項

外壁塗装について、契約を結ぶ前に、いくつかの注意点をあげておきたいと思います。身契約書にサイン、捺印したら、いよいよ外壁塗装の工事が本格的にスタートするとともに、施工代金を支払う義務が生じるわけですから、慎重に判断して決めなければなりません。

 

外壁塗装の業者に見積もりをとったもらった段階で、必ずしもその業者に依頼しなければならないという決まりはないので、すぐに契約しないでワンクッションおいてからよく考えましょう。

 

ところで、外壁塗装の業者について、このような点に思いあたりはありませんか?
自宅訪問・点検・見積もりから契約するまでの期間が2〜3日以内で短期間であれば、注意が必要です。もちろん、今すぐにでも外壁塗装を依頼する必要があるというなら、話は別ですが、業者のほうから契約を迫ってきたり、強引な態度が見られる場合は、要注意です。

 

大幅な値引きなど、メリットばかりを強調するような業者、外壁塗装の施工についてきちんとした説明がなされていない、施工する職人の数が極端に少ないなど、なにか引っかかる点があれば、きちんとした説明を求めましょう。それでも、あいまいな点がみられるようなら、契約はしないでおくに越したことはありません。

 

万が一、外壁塗装をした後に、修理箇所が発見された場合、仕上がりに満足できないような場合に、どのように対処してもらえるのか、アフターケアや保証制度についてきちんと確認をしておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ