外壁塗装の悪徳業者を見抜く方法

外壁塗装の保証や賠償保険はあるのか?

外壁塗装の保証や賠償保険はあるのか?

外壁塗装を依頼するのに、万が一、施工が完了した後にひび割れや色落ちなどのトラブルが生じた場合、仕上がりに十分に満足できない場合は、業者がどのように対処してもらえるのか、気になりますよね。

 

外壁塗装を依頼する前に、アフターケアや保証制度などについて、きちんと説明を受けておくことです。万が一の事態を考え。賠償保険などの制度がついているかどうか、要確認です。一昔前の時代に比べると、外壁塗装で保証書を出してくれる業者も増えているようです。

 

しかし、保証書を出してれたからといっても、施工が完了したあとに、どのようなトラブルに対処してもらえるのか、対象外のケースなどについて、きちんと確認しておく必要があります。保証書がついているからといって、施工後のすべてのトラブルに対処してもらえるというわけではありません。

 

外壁塗装を依頼して、ある塗装箇所がそのまますべて剥げてしまったというような場合は、あきらかに業者側のミスですから、保証の対象となることはまず間違いありません。ただし、外壁塗装をした箇所が、10年後に剥げてしまった場合は、老朽化などが原因として考えられることもありますので、保証の対象外となることでしょう。

 

保証書がもらえる場合は、保証期間が業者ごとに定められているので、その期間内であれば、万が一、トラブルが生じた場合に、無料で対処してもらえます。保証書は、工事保証書として外壁塗装の工事がすべて完了してから渡されます。いくつかの免責事項がありますが、書面を取り交わすことで、保証の範囲内でのアフターケアについて、対応してもらうことができます。外壁塗装の保証については、保証年数や保証内容をきちんと確認しておくことです。

 

これとは別に、賠償保険がありますが、大規模な外壁塗装の業者であれば、加入しているのが一般的です。賠償保険の有無については、施主には直接的には関係ないと思いますが、万が一、外壁塗装の作業中に職人がけがをした場合や、職人のミスによって物が破損した場合、ご近所に迷惑をかけた場合、窓ガラスが割れるといったトラブルが生じた場合に、どのように対処されるのか、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ